40代からでも遅くない!初めての介護職で転職を成功させる秘訣とは?

介護の転職の悩み

「40代で介護未経験なんですが、こんな私でも務まるのでしょうか?」
「今まで全く別の仕事していました。介護の仕事を始めたいけど40代だと遅いんですか?」

こうした質問をたまに見かけますが、介護の職場では40代からでも遅くありませんし、年齢が不利になることもありません。経験があるかどうかで不安になるのはどの職種でも同じですし、失敗するリスクや正社員になれないということもあまり聞いたことがありません。

40代からでも遅くない根本的な理由は職場の体制にあります。介護の職場では慢性的な人材不足となっており、新卒の職員も入職ゼロ・中途採用ゼロという職場が多いのも現状です。しかし、これはあくまで職場事情ですよね。

人材不足などの職場事情をのぞいても、よほど問題がなければ40代でも採用されます。もちろん40代であっても戦力としてみてくれますし、今までの社会経験が若手職員の模範になって逆に重宝されるケースもあります。

「でも実際はやっぱり年齢的にも不安・・。」という方に向けて、40代でも介護の転職に失敗しない秘訣をお教えいたしましょう!

40代でも失敗しない「マイナビ介護職」
マイナビ介護職が40代に人気の理由・・・それは、担当アドバイザーの圧倒的サポート力。苦手な面接や書類作成など、初めてであなたの不安を自信に変えてくれる!

40代でも介護の転職に失敗しない秘訣とは?

40代になると一通り社会経験や子育てなどをしているので、人生経験という意味ではむしろ転職に有利に働くケースもあります。介護の職場では30~50代が中心なので、入職しても年齢的に働きづらいということもありません。

一般的な40代といえば管理職の立場であったり、子供も大きくなって働く時間が増えてきている場合などがあるでしょう。子育てのためにしばらく働いていなかったり、体力的にきついという不安はあるかもしれませんが、介護業界ではこうした心配は実際に入職してみるとなんの問題もありません。

介護未経験でも今までの経験が役に立つ

介護職とはいえ、入職すると介護の技術や知識以外の社会人としてのマナーが必要な場面はけっこうあります。40代ですとそれなりにさまざまな経験をされていると思いますので、20,30代の職員ができていないことでも案外スムーズにできてしまう場合もあるのです。

電話対応や礼儀、利用者家族との言葉遣いやパソコン技術、文章スキルなどは介護の職場でも必要なスキルです。こうした技術は40代のほうが、経験も豊富ですし優れていることもあります。

介護に関する知識や技術に関しては、未経験だからその職場にいる年下が自分よりも先輩になるかもしれませんが、それ以外のこと、つまり人生経験ではあなたが先輩であるので、入職して働きづらいということもありません。

自分に合ったサービス形態を選ぶ

介護の仕事には同じ介護でもサービス形態によって仕事内容が変わってきます。

・老人ホーム(老健、特養、有料)
・デイサービス
・訪問介護

これらは介護の仕事で人気のサービス形態となっています。
私は上記のサービス形態で働いた経験がありますが、体力的な部分を考えると夜勤業務のある老人ホームは、この中で1番体力的にはきついかもしれません。

「施設で働きたい!デイサービスがいい!」
このように、働く前にある程度の希望はあるかもしれませんが、失敗しないためにはそれぞれの職種の特徴や業務内容も知っておくといいかもしれません。

少しでも不安をなくして自信をつけたいなら資格を取ってから入職する

不安を無くすため先に資格を取ってから入職される方もいらっしゃいます。
資格を取得することで転職が有利になるほか、介護に関する基礎知識・技術を学ぶことができるので入職した時の不安は何も知らないで入職するよりも心身ともに安心です。

介護資格にはいくつかありますが、最初に取得するのは「介護職員初任者研修」というもの。
受校先としても有名なのは三幸福祉カレッジがありますが、費用は割引やキャンペーンも適用されると6万円ほど。

受講先によって費用はさまざまで、なかには無料で取得できる介護求人サイトもあります。受講してそのまま転職サービスのある介護求人サイトでは就職するまでよりスムーズという口コミもありますよ。

働きながら無料で資格が取れる!そして正社員へ
介護求人サイト「かいご畑」

「介護の派遣」も人気の働き方

一般企業でも知られる派遣社員という働き方は、介護業界でも人気の働き方の一つとなっています。介護の仕事が未経験の方では、いきなり正社員として入職してもなんらかの悩みを抱えてすぐに辞めてしまう場合もあります。

入職してすぐに辞めてしまうことやいきなり正社員で働くことが不安の方におすすめなのが「介護の派遣」なのです。介護の派遣には「派遣先で正社員になれる制度」があり、最初の6ヶ月は派遣社員として働き、働きながら資格を取って正社員になるというのがもっとも失敗しない働き方です。

関連記事:「介護の仕事が未経験なので不安」という方におすすめの働き方とは?

実際のところ40代から派遣社員として働く方も多く、派遣会社に登録すればさまざまなサポートが受けられます。

介護派遣ランキングをみてみる

40代で介護の転職をする時の注意点

ここからは40代の方が転職する時に知っておきたいことをご紹介していきます。
介護の職場では人間関係で悩んで辞める人が多く、ちょっとした言動で思わぬトラブルになってしまうこともあります。

年下が先輩になる

40代で入職すると、職場によっては自分よりも年下の子に教わることが多くあります。20,30代が中心の職場だと、自分よりも年上はパートさんくらいでほとんどが年下。こうした環境でも働けるのか事前に考えておきたいですね。

ハローワークや自力での職場探しだと職場の年齢層はわかりませんが、介護求人サイトであれば事前に職場見学できたり、アドバイザーを通して職場の雰囲気や年齢層を調べることもできますよ。

事前に職場がわかる!「きらケア正社員紹介」はこちら

過去の経歴などを聞かれることがある

採用面接や入職後の休憩中など、今までの職種のことを聞かれることがあります。特に多いのは休憩中などの職員同士の話ですね。介護以外の仕事にはみんな興味があるのでしょうか、会話のキッカケとしても聞かれる確率が高いです。

なかには聞かれたくないこともありますよね。ですが、状況によっては話さないといけないこともあると思います。人間関係や職場に馴染むためには必要で、ある程度想定しておくことが必要です。なかには前職の給与のことを聞いてくる職員もいますよ。

今までより給与が下がるかも?!

前職が一般職の場合、おそらく給与は下がってしまうかもしれません。40代であれば、少しは過去の経験なども考慮して基本給を決めてくれるとは思いますが、そう多くはありません。また、毎年の昇給も一般企業と比べてしまうと少なめです。

サービス形態によって給与も違いますので、事前に把握しておくことをおすすめします。

まとめ

40代になるとどうしても転職に対して悲観的になってしまいがちです。しかし、介護業界では一般企業と違ってその敷居も低いので、極端に心配しなくても大丈夫なものです。

40代無資格未経験の方で入職してくる方もホントに多いんですよね。これはあくまでも私の経験上ですが、女性は最初は派遣で働く場合が多く、男性では正社員が多いです。男性の場合、一家の大黒柱ですからすぐに働く必要があるのかもしれません。女性であれば非常勤やパート、派遣で働いていますね。

介護の派遣について 

関連記事一覧