【介護の派遣】絶対に働いてはいけない派遣先の特徴

介護の派遣で失敗しないコツ

派遣で働く最大のメリットとして「自由に職場を選べる」ということをこのサイトでも何度もお話してきました。しかし、実際に派遣されたところですぐに辞めたくなってしまうケースも少なくありません。

気に入らなければやめればいいというのも派遣の特徴ですが、働くからには少しでも同じ職場で長く働きたいところです。派遣会社に登録すれば職場の人間関係を知ることもできます。しかし、内情を知るにも限界があります。

せっかく派遣に登録して働こうと派遣されたのに、すぐに辞めてしまうことになるのはモチベーションも続かない一方です。

今回は、このような後悔を少しでもなくせるようおすすめできない派遣先の特徴や、今まで出会った派遣社員のお話をしていきます。これから派遣で働きたい方の参考になれば良いと思います。

スムーズに解約できる求人サイトはこちら

長年働いているおつぼね派遣社員がいる職場

実際に職場に派遣されると、別の派遣会社に登録している派遣社員が働いている場合があります。働いている期間がまだ短い場合やその派遣社員の年齢などによって違いはありますが、少し注意です。

5年以上働いている40代女性」です。

5年以上同じ職場で働いているということは、一見良い職場だからそこまで長く派遣で働くと思うかもしれません。しかし、派遣とはいえ5年以上も働くと居心地がよくなり、その結果独占欲が強くなります。

独占欲が強くなるということは、新たに派遣社員が入ってくると自分が派遣切りされるのではと危機感を覚えます。その結果、新しい派遣社員を蹴落としてでも残ろうと嫌味や無理難題を押し付けてくるのです。

しかも、正社員にはわからないようにしてくるんですね。

私が以前派遣をしていた時にはまさにこのような人がいました。今でも覚えていますが、ほんとにきついんですよ。派遣業務を聞いただけなのに、「なんでいちいち私に聞くの?」とか「社員さんに少しでも負担がかからないようにあなたがやりなさいよ」などの小言を口うるさく言われました。

ここで誤解してほしくないのが、必ずしもこのような人がいるということではありません。

派遣会社に登録することで、働く前にその職場の人間関係がわかります。ですから、派遣先を決める前に他に派遣で働いている人がいるか確認することが大事であると言いたいのです。

それを怠ってしまうと、このような派遣社員に出会ってしまうかもしれないということです。

人間関係の良い職場の求人を厳選してご紹介【介護エイド】

派遣社員に説明なしで介助をやらせる

派遣社員は正社員とは若干違う業務内容の場合が多いです。経験者であっても必ず介助方法は説明はしてほしいところです。しかし、説明や注意点の説明もなしに、全介助の利用者の介助をやらされる場合があります。

派遣社員としてはすごく不安なことですよね。

「もしケガでもさせたらどうしよう」と思ってしまいます。

派遣先を選ぶのに、時給や勤務地だけで決めてしまうことは絶対にやめましょう。必ず指導方針などその職場がどのように派遣社員に仕事を任せるのか確認することをおすすめします。

もし、働いてみて説明通りじゃない場合は契約途中でも自ら契約破棄をすることも可能な場合があります。

派遣社員は奴隷じゃない

派遣社員をなんとなく奴隷のようにひどい扱いをする施設も中にはあります。奴隷と言ってしまうのは少し語弊があるのかもしれませんが、派遣社員の立場からすれば奴隷と言わざるをえません。

本来、正社員の方たちは派遣社員に対してもしっかりと指導する必要があります。

人員不足だから派遣に頼んでいるということをわかっているのは管理職だけではないでしょうか。現場の正社員たちは、即戦力でなければ、いらないというスタンスなのです。

その結果派遣社員はすぐに辞めてしまいます。毎回新しい派遣社員になってしまうので何度も指導しなければならなくなってしまいます。しかし、その原因を作っているのは自分たちなのですね。

未経験OKの派遣先は多く存在します。そのような職場は何が違うのか。

それは、仕事を一人でできるようになるまで正社員とマンツーマンで業務を行ってくれます。実際に正社員と一緒に動くことができるので、派遣社員も安心ですよね。

これに関しても就業前に確認できることなので、必ず面接時に確認するようにしましょう。

契約延長と正社員雇用の勧誘がしつこい

派遣社員はあくまでも自らの契約期間を最初に伝えた上で派遣先と同意の元契約されて就業開始となります。しかし、働き始めると何度も契約延長してくれと派遣先の担当から言われることがあります。

ちょこっと言われる程度であればなんとも思いませんが、毎日のように言われると正直うっとうしいと思ってしまいます。もし、あなたが数ヶ月だけ働くと完全に割り切っているのであれば積極的になりすぎないようにしてください。

派遣で初めて働くことになると、張り切って頑張ろうとしますよね。むしろそれでいいでしょう。しかし、その気持ちが溢れ出てしまいすぎると、派遣先から求められてしまうのです。

やる気を出さないということではなく、気持ち的な意味で程よく働くようにしましょう。

すぐに辞めたくなる派遣先を選ばないために

ここまで書いた派遣先の特徴は、ほんの一例に過ぎません。他にも多くの悩みだったり嫌なことがあるかもしれません。その反対に、このような経験をすることなく理想的な派遣先を見つけて長く働ける場合もあります。

これから派遣で働くのに不安要素を書いてしまうのは、かえって働きたくないと思わせてしまいますよね。

しかし、このような例があることも含めて派遣会社に登録すれば、より失敗のない転職ができるのです。派遣に登録してから就業開始となるまではそう多くの時間を要しません。ですから就業前に後悔しないように不安なことや知りたいことは全部聞くようにしましょう。

実際に私はほとんど聞くことがなかったので、このような一例に遭遇してしまいました。初めから想定できればこの職場には派遣先として選ぶことはなかったと思います。

人間関係の良い職場の求人を厳選してご紹介【介護エイド】

関連記事一覧