介護派遣で働くか検討中の方必見。介護派遣のメリット・デメリットを徹底紹介。正社員との違いや高時給の理由、派遣会社の選び方から活用方法を解説

介護の派遣基礎知識

介護派遣は高時給の求人が非常に多く、月給や年収で比較しても正社員と手取りの給与はほとんど変わりません。

また、介護派遣は契約期間から柔軟な働き方が可能であり、さまざまな職場で経験を積めることもメリットです。

一方、管理職やケアマネージャなどの職種を見つけにくいことがデメリットで、介護派遣の求人の多くはヘルパー介護職となっています。

派遣先の施設形態は正社員と同じく、養護老人ホームやグループホームなど介護職の主な受け皿となる職場全般が見つかります。

介護派遣の仕組みについて

介護派遣の仕組みは、他職業の派遣と同じで「自分」・「派遣会社(登録会社)」・「派遣先企業(派遣先)」の三角関係です。

派遣会社に在籍しながら派遣先で従事することになり、職場は派遣先給与は派遣会社という関係になります。

クライアントとなる派遣先は派遣会社に報酬を支払っており、その報酬が派遣会社の利益です。派遣スタッフの給与は派遣会社がクライアントから得た報酬から支払われる仕組みなため、給与は派遣先ではなく派遣会社からもらいます。自分の雇用主は派遣会社となるため、契約やトラブルなど雇用に関するすべてのことは派遣会社と交渉相談することを覚えておきましょう。

介護派遣の種類

一般派遣派遣会社に登録。派遣先が決まった時点で派遣社員として雇用関係が成立する。
紹介予定派遣派遣会社に登録。派遣先で最大6ヶ月働き、契約終了後に派遣先と正社員や契約社員などで直接契約できる。
特定派遣派遣会社の社員として雇用。派遣先がない状態でも派遣会社の社員であることから給与をもらえる。
2018年の法改正で廃止された。

介護派遣の種類は、他職業の派遣と同様に「一般派遣(登録型)」・「紹介予定派遣」の2つです。

一般派遣がいわゆる「派遣」と呼ばれる種類で、求人ごとに決められている契約期間の範囲において派遣先で勤務します。

紹介予定派遣は派遣契約満了後に派遣先と直接契約を結ぶことを前提とした派遣の種類です。

雇用形態は正社員や契約社員などさまざまであり、派遣先の企業に魅力を感じない場合は直接契約を断ることもできます。

特定派遣(常用型)は派遣会社の社員として働く種類でしたが、2015年の労働者派遣法の改正で廃止されました。

2015年に労働者派遣法が改正され、同じ派遣先に派遣できる期間は原則3年間となりました。同じ派遣先でも別の事業所(部署)ならOKや過半数労働組合等の意見によっては最長3年延長できるなど、細かいルールが色々とあります。簡単にまとめると、介護派遣で働く際に同じ派遣先では3年間しか働くことができず、3年経過したときは派遣会社に詳細を聞くというスタンスを持っていれば問題ありません。派遣会社のほうから必ず説明があります。事前に把握しておきたいかたは「厚生労働省」を参考にしてくださいね。

介護派遣の職種と時給

ヘルパー介護職一般派遣の求人3,140件、紹介予定派遣の求人707件。施設形態を問わずに時給1,200円から1,700円が相場。
生活相談員一般派遣の求人1件、紹介予定派遣の求人0件。有料老人ホームで時給1,500円。
ケアマネージャー一般派遣の求人0件、紹介予定派遣の求人1件。グループホームで時給1,500円。
サービス提供責任者一般派遣の求人0件、紹介予定派遣の求人0件。
管理職一般派遣の求人0件、紹介予定派遣の求人8件。施設形態を問わずに時給1,200円から1,500円が相場。

(2019年12月13日時点の「きらケア介護派遣」の求人をもとに紹介しています。)

介護派遣の時給は職種や施設形態を問わずに1,200円から1,700円が相場です。

一般派遣はヘルパー介護職以外の職種がほとんどなく、紹介予定派遣はちらほらと管理職が見つかりますが、それでも求人総数の9割以上がヘルパー介護職です。

一般派遣と紹介予定派遣は時給に差がないため、派遣の種類に関しては派遣終了後に直接契約したいかどうかで判断すればOKです。

派遣会社にもよりますが、介護派遣と正社員との大きな違いとして職種は考慮しておきたいポイントです。ヘルパー介護職以外の職種を検討しているなら、正社員でもアルバイトでも雇用形態に関係なく直接求人を探すほうが見つけやすいです。

介護派遣の月給と年収

時給1,000円の場合1日8時間で日給8,000円、週5日勤務で週給40,000円。4週計算で月給160,000円、年収は1,920,000円。
時給1,200円の場合1日8時間で日給9,600円、週5日勤務で週給48,000円。4週計算で月給192,000円、年収は2,304,000円。
時給1,350円の場合1日8時間で日給10,800円、週5日勤務で週給54,000円。4週計算で月給216,000円、年収は2,592,000円。
時給1,500円の場合1日8時間で日給12,000円、週5日勤務で週給60,000円。4週計算で月給240,000円、年収は2,880,000円。
時給1,700円の場合1日8時間で日給13,600円、週5日勤務で週給68,000円。4週計算で月給272,000円、年収は3,264,000円

介護派遣の給与を月給と年収で見ると、正社員の給与とほとんど変わりません。

時給1,200円から1,500円ほどの介護派遣求人が多いため、月給なら192,000円から240,000円、年収なら2,304,000円から3,264,000円が目安となります。

介護派遣は本当に求人によって契約期間がさまざまなので、次の仕事が見つかるまで1週間や1ヶ月など空白期間が増えるほど、目安の給与より収入は低くなります。年間を通してコンスタントに仕事に就くことができれば、ボーナスや手当を除いた収入は正社員と大差はありません。
介護派遣が高時給な理由は、介護職にその価値があるからです。「少子高齢化」や「人手不足」などさまざまな要因から時給を分析することも可能だと思いますが、単純に介護職の需要が高いからです。高時給を支払っても介護士を確保しなければならない施設等が多いからであり、その価値のある必要な存在という認識のかたが社会全体として多数派だからです。

介護派遣のメリットとデメリット

介護派遣は仕事探しを派遣会社に任せることができ、面接がある求人の場合でも非常に採用率が高いことが一番のメリットです。

逆に介護派遣は契約期間が決まっているため長期的に安定して仕事をするという働き方が難しいことが最大のデメリットとなります。

介護職という職業的な観点から考えると、派遣でも正社員と変わらない給与を稼げるのは大きな魅力です。しかし、管理職などヘルパー介護職以外の職種を見つけにくいのがデメリットに感じやすいでしょう。
【徹底解説】介護の派遣社員で働くメリット・デメリット
これから介護の派遣で働きたいと考えている方に向けて、派遣で働くメリット・デメリットについてまとめてみました。正直なところ、介護の派遣はあまりイメージが良くありません。なぜなら「派遣は不安定」と思っている方が多いからです。 ところが、実...

メリット

介護派遣が気になるかたにとっては、トータル的にチャレンジしてみるメリットは大きいと思います。

  • 仕事探しは派遣会社がやってくれる
  • 面接がない求人があり、面接があっても採用率が高い
  • 時給は1,200円から1,700円が相場で高時給
  • 他の雇用形態に比べてすぐに辞めやすい
  • いろんな職場を転々として経験を積める

派遣は正社員よりも給与が低いというイメージを持っているかたは多そうですが、時給だけで計算すると本当に差がありません。

そのため、短期でも長期でも継続性を確保できればしっかり稼げるため、これは良い後押しになるのではないでしょうか。

デメリット

デメリットは、いわゆる「派遣のデメリット」といわれる内容が介護派遣にも該当します。

  • 派遣会社によっては職種が少ない
  • 長期契約がなければ短期契約で繋ぐ必要がある
  • 結果を残しても昇進できない
  • ボーナスがない
  • 長期に働くほど将来に不安を感じやすい

正直、実際に介護派遣を検討する際にデメリットとして抑えておきたいのは、希望する職種を見つけにくいことがある点くらいです。

その他、正社員と派遣を比較してもあまり意味はなく、正社員を希望するなら正社員として転職活動すべきであることは間違いありません。

一般的には今の自分の状況において理想の働き方ができるから介護派遣を利用している、というかたがほとんどだと思います。

雇用形態や働き方は、どんなケースにも必ずデメリットがあります。たとえば、最近よく聞くブラック企業が典型的です。正社員でも就職先の業績が悪ければ給与が低いですし、ボーナスもありません。その上、モラルに欠ける社員が多ければ人間関係も最悪でしょう。介護士として雇用形態や働き方あるいは将来を考えることが何よりも重要で、それを決めた上で介護派遣が選択肢になるかどうかです。

介護派遣と正社員の違い

介護派遣と正社員の違いは雇用形態であり、自分が契約する相手が異なることから会社の目標も違います。

介護派遣は派遣会社と契約するので、派遣会社の評価を高めるために派遣先で仕事を頑張ります。

正社員は企業と直接契約するので、社員として会社の業績を上げるために仕事を頑張ります。

これらの延長として、正社員の場合は会社の業績が上がると給与やボーナスに繋がりますが、介護派遣の場合はどれだけ貢献しても時給が上がるとは限りません。その代わり、派遣会社の評価がどれだけ下がっても自分にとってマイナスな影響はほとんどなく、仮に倒産しても他の派遣会社へ登録すれば再び簡単に仕事を見つけられます。

介護派遣は継続性を攻略すれば十分に稼げる

契約期間派遣は契約期間があり、月単位で契約更新するケースが多い。
職種ヘルパー介護職以外の職種はかなり少ない。
施設形態特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設、デイサービス、グループホーム、訪問介護、小規模多機能型居宅介護、障害者施設、など。
給与時給1,700円で月給272,000円年収は3,264,000円。
ボーナスなし。
各種手当残業手当以外は期待できない。また、社会保険も求人次第。
昇給や昇進昇給は時給アップがあるが、昇進は派遣社員から役職に就くケースがほぼないため期待できない。

介護派遣は時給1,700円の8時間勤務、月20日勤務を12ヶ月継続した場合、年収3,264,000円です。

ボーナスは派遣会社次第ですが、一般派遣と紹介予定派遣でボーナスを派遣会社が出してくれたという実例を聞いたことがないので、期待値はゼロに等しいでしょう。

手当は正社員に比べて乏しく完全に求人次第で、福利厚生や社会保険も同じです。

昇進は介護派遣で管理職等の役職に就くケースでない限りは、昇進先自体がありません。

昇給は時給アップがあるので、介護派遣で同一の派遣先で収入を上げるなら昇給を派遣会社に交渉するのが現実的な方法です。

正社員との給与の違いは、やはりボーナスや手当分が大きいです。しかし、時給が高額なので、正社員として働いている介護士のかたでボーナスや手当がない場合、ほとんど給与は変わらないでしょう。

正社員は解雇や退職するまで安定

契約期間正社員は契約期間がなく、解雇されたり退職するまで仕事を継続可能。
職種ヘルパー介護職、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、ケアマネージャーなど、介護職といわれる全職種。
施設形態特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設、デイサービス、グループホーム、訪問介護、小規模多機能型居宅介護、障害者施設、など。
給与大きく見積もって月給180,000円から300,000円年収は2,160,000円から3,600,000円。
ボーナス企業によるが、ボーナスがあることが正社員の1つのメリット。
各種手当企業によるが、派遣に比べて各種手当は充実している。
昇給や昇進派遣に比べて昇給や昇進の可能性は確実に高い。

正社員の介護士の給与は職種や役職で大きく変わりますが、求人をリサーチした結果としてざっくり見積もると年収2,160,000円から3,600,000円が目安です。

介護派遣とは違って介護士の全職種の求人を見つけることができ、昇給や昇進も加味して安定した将来を考えやすいです。

ボーナスや手当などは企業次第で業績によっても左右されますし、転職活動で高待遇の求人を見つけられるかどうかも焦点です。

正社員はとにかく安定が魅力です。しかし、1年や2年で転職を考えているなら、別に介護派遣でも大差はないでしょう。転職時に正社員の経歴があるほうが有利になることはあり得ますが、少子高齢化の影響からも介護業界は仕事が多いため、神経質になるほど重要なポイントでもありません。

介護派遣の体験談

実際に介護派遣で働いたことがあるかたの体験談は、これから介護派遣を検討しているかたにとって参考になると思います。

以下、介護派遣の実体験をまとめているので、迷っているかたは参考にしてみてくださいね。

【介護派遣体験談】週払い可能な介護求人サイトで派遣社員として働きました。
私は過去に週払い制度を利用して介護の派遣社員として働いたことがあります。週払いが可能な働き方を探した理由は、次の職場を決めずに退職してしまったからですね。私自身人間関係に悩んで退職したわけではありませんが、介護業界では職場の人間関係が嫌にな...
「介護の派遣は不安定」だけど私は派遣社員として働く道を選びました。
私は介護の派遣会社に登録して特別養護老人ホームで働いた経験があります。週5回時給1,450円、月収は232,000円で夜勤なしでした。「派遣って意外と稼げるんだ」次の職場が見つかるまでの繋ぎというきっかけで登録しました。今までの私は正社員が...
【介護職】手取り20万円以下なら今すぐ派遣で働くべし!その理由とは?
あなたの毎月の給与はどれくらいですか? ひょっとしたら、手取り20万円にも届いていないとか? いや、正直なところ介護業界では20万円以下の方はホントに多いんです! なかには正社員になれないからという理由で、非常勤や契約社員として働い...
【口コミ】複数の派遣会社に登録した30代女性、ツクイスタッフを選んだ理由
派遣会社にはメリットデメリットがあり、1社だけの登録ではなにかしらのデメリットが残ってしまう場合があります。「隣の芝生は青く見える」ではありませんが、あとになって「他の派遣会社のほうが時給が高かった」といった後悔をしてしまうのは非常にもっ...

そこまで真剣に悩む必要はとくにない

介護派遣は多くのスタッフが在籍しているため、代わりのスタッフを派遣できることからいつでも仕事を辞められます。

契約満了まで仕事を継続しなくても辞めることは可能であり、契約の途中で辞めたからといって次の仕事を紹介してもらえないということもありません。

正社員やアルバイトなど企業と直接契約している場合はすぐに辞めることは難しく、一般的には退職希望を出してから1ヶ月から3ヶ月ほどは働かなければならないケースが多いです。

原則、介護派遣は同一の職場で3年間しか働くことができませんし、多くの介護士のかたはどこかのタイミングで正社員を検討するでしょう。今の状況で介護派遣が気になるなら、いつでも辞めれることも加味してチャレンジしてみるのがベストだと思います。一般的に言われる派遣のデメリットは正社員と比較したものであり、正社員になりたいならその時に転職活動すれば良いだけです。

介護派遣の向き不向き

介護派遣の向き不向きは、介護士としてどのような働き方を希望するのかで決まります。

その他、正社員雇用が難しいかた、とくに60代や70代の高齢のかたは介護派遣で仕事を探すほうがスムーズなケースが多いでしょう。

向いている人

介護派遣は今の時点で正社員を目指していないかたに向いています。

  • 仕事を掛け持ちしたい
  • いろんな職場で働きたい
  • 経験を積みたい
  • 働きながら資格を取りたい
  • 正社員雇用が見つからない

資格や経験を問わず、介護職の正社員求人は多いです。

実際に転職活動しても正社員になることができないケースもあると思いますが、年齢が若いかたの場合は妥協して介護派遣を検討するなら「資格を取る」や「経験を積む」など、他に何かしらの目標を見出したいところです。

年配のかたの場合、他職業と同じように正社員雇用が難しいため、仕事を見つける1つの方法として介護派遣を抑えておいて損はありません。

アルバイトやパートや契約社員は企業と直接契約できるものの、介護派遣と比較してメリットがあるのかどうかは企業によります。企業が人件費をカットしようと考えた場合、正社員以外の雇用形態から切られていくのが一般的です。また、直接契約している状態で将来的に正社員になれるかどうかも企業によります。

向いていない人

介護派遣は正社員を希望しているかたには向いていません。

  • 正社員になりたい
  • とにかく収入を安定させたい
  • 1つの職場で長期に働きたい

紹介予定派遣なら契約満了後に正社員として採用される可能性がありますが、この場合は派遣先から提示される雇用形態が本当に正社員なのかどうかを確認しておきましょう。

もし、契約社員やアルバイトなど正社員以外の雇用形態での採用なのであれば、紹介予定派遣で働くよりも普通に正社員として転職活動するほうが早いです。

介護派遣は契約期間があるため、ずっと派遣で働くならさまざまな職場を転々とするのは必須です。とくに正社員になりたいわけではないという場合でも、同じ職場で働き続けたいならアルバイトやパートなどで直接雇用を目指すほうが向いています。

派遣会社の選び方

派遣会社の選び方は、お住まいのエリアの求人数から選ぶだけでOKです。

  • 求人数
  • 職種や施設形態など求人の内容
  • 週払いの対応
  • 友達紹介キャンペーン、など

上記のように派遣会社によってさまざまな違いがありますが、仕事の見つけやすさに直結するのは求人数です。

求人内容に関しては公開求人は事前に把握できますが、非公開求人も加味すると登録しなければどのような条件の求人がどの程度あるのかわかりません。

週払い対応やお友達キャンペーンなどはあくまでもサブ的なメリットであり、介護派遣で本気で稼ぐなら求人数が何よりも重要です。

派遣会社の求人数は営業力で差が出るため、利用者の多い有名や人気といった派遣会社を選ぶのは賢いです。

派遣会社は数社に登録する必要はない

登録する派遣会社を選ぶとき、数社へ登録すべきかどうかに悩むと思います。

  • 派遣先によっては複数の派遣会社を採用しているケースがある
  • 派遣会社は貢献度の高いスタッフに優先して仕事を紹介する
  • 介護派遣で働く限りは派遣会社との付き合いで仕事が増減することは否めない
  • 多数の仕事を紹介しても一切応じないスタッフは見切られやすい

上記のような理由から、結局は1社のもとで働くことになるので、思っている以上に数社へ登録するメリットはありません。

数日や数週間といった契約期間の仕事を中心に回転率を上げたい場合は便利ですが、介護士でその働き方をするケースは少ないと思います。

気になる1社を利用してみて仕事量が微量なのであれば、他の派遣会社へ乗り換えるという活用方法がおすすめです。

全く同じ案件でも派遣会社によって100円ほどの時給差があることは珍しくありません。業界的に他社へ乗り換えることは全然OKであり、次の仕事の際に担当者との関係によって出戻りで再登録することも良くあります。ただし、すでに契約している状態で他社で同じ案件を重複契約するのはNGです。

おすすめな介護派遣会社

介護派遣で実績や知名度の高い会社を3つ紹介するので、これから介護派遣の登録先を探すというかたは検討してみてください。

どれも介護士求人が豊富という介護職に強みのあるサイトなので、他の介護派遣に比べて仕事を見つけやすいことが大きな魅力です。

\介護派遣ランキングはこちら/

かいご畑

かいご畑は、2019年12月13日時点で派遣の求人が8,427件あります。

  • 対応エリア:全国
  • 派遣の種類:一般派遣と紹介予定派遣

Webの検索画面では、「派遣・パート」と派遣とパートが同じ条件になっているため、パートでもよいというかたは同時検索可能で便利です。

かいご畑の評判は?メリット・デメリットや採用までの流れなど徹底解説
介護業界でのお仕事が未経験の方にも、最高レベルで手厚いサポートがある人材支援サービス「かいご畑」に関して徹底解説!ユニークなサービスのメリットとデメリットまで、正直に解説します。

きらケア派遣

きらケア派遣は、2019年12月13日時点で派遣の求人が22,101件あります。

  • 対応エリア:全国
  • 派遣の種類:一般派遣と紹介予定派遣

介護派遣以外にも正社員やパートなど他の雇用形態でも介護職求人を探せるため、働き方を考えながら求人を探したいかたにおすすめです。

きらケア派遣について徹底解説!口コミや評判から、メリット・デメリットを紹介!
きらケア派遣は「人間関係で悩まない」職場を紹介してくれる求人サイトです。 これから介護の職場で働く予定のある方・介護求人サイト選びに悩んでいる方に向けて、口コミ・評判をもとにきらケア派遣についてまとめてみました。 介護の仕事でよ...

カイゴナビ派遣

カイゴナビ派遣は、2019年12月13日時点で派遣の求人が93,891件あります。

  • 対応エリア:全国
  • 派遣の種類:一般派遣と紹介予定派遣

カイゴナビは介護派遣専門のサイトなので、介護派遣で働くことを決めているかたにおすすめです。

紹介予定派遣だけでも6,972件と大量の案件が用意されています。

【失敗しない】介護派遣会社ランキング~おすすめの介護派遣会社は?選び方や比較方法、基礎知識まで徹底的におさらい!
最終更新日:2020年8月13日 介護の仕事には正社員やパートだけでなく、「派遣社員」として活躍されている方も多いです。 多くの介護派遣は高時給なので、正社員の方で給与面や人間関係などに悩んでいる方に、特におすすめしたい働き方で...

介護派遣の利用の流れ

介護派遣の利用の流れは、派遣会社に登録することからはじまります。

  1. 派遣会社に登録
  2. 求人相談
  3. 求人紹介
  4. 派遣先の見学と面接
  5. 契約して就業開始
  6. 派遣会社から給与振込

派遣会社に登録する際に必要なものはありません。

登録後は、面接や入職時に「履歴書」と「資格のコピー」が必要となるので、あらかじめ用意しておくとスムーズです。

介護派遣会社|登録から就業開始までの流れ
介護求人サイトに登録する際に事前にチェックしておきたいポイントをまとめてみました。また、登録完了から就業開始まではどんな流れになるのでしょうか? 基本的に介護求人サイトへの登録と解約はすべて無料となっています。サービスに応じた追加料金や違...

STEP1:派遣会社に登録

介護派遣に登録するときは必要書類は何もありません。

また、登録の際に面接はなく、介護職を検討しているなら誰でも登録可能です。

STEP2:求人相談

介護派遣に登録したら、求人相談が実施されます。

これは電話やメールで相談できますし、対面で相談することも可能です。

時給や勤務場所など希望条件をしっかり整理しておきましょう。

紹介予定派遣を希望する場合、この段階でその旨を担当者に伝えておくことが大切です。

STEP3:求人紹介

求人相談後、希望条件をベースに担当者が介護派遣求人を探してくれます。

求人を提案されたらしっかり条件を確認しておきましょう。

もし、条件が合わないなら、他の求人を希望すれば再び探してくれます。

STEP4:派遣先の見学と面接

気になる介護派遣求人が見つかると、派遣先となる職場を見学できます。

見学する際に面接が行われることがありますし、面接がなくても面談はほぼ必ず行われます。

担当者に求人を提案された段階で、ほぼ採用は決まっています。これが介護派遣の魅力でもあり、不採用になる可能性が高い案件をわざわざ提案してくるケースは少ないです。そのため、面接という名目でも気軽なスタンスで問題ありません。

STEP5:契約して就業開始

派遣先が決まると、その仕事に関して派遣会社と契約を結んで就業開始となります。

一般派遣と紹介予定派遣ともに、介護派遣の契約はこの段階で行われます。

時給や勤務時間などの条件に間違いがないか、契約書を一通りチェックしておきましょう。

契約書にサインするときは印鑑が必要で、給与の振込先となる口座も用意しておく必要があります。

STEP6:派遣会社から給与振込

派遣先で働いた給与は、派遣会社が支払います。

金額が間違っていたり給与が未払いのときは、派遣先ではなく派遣会社に相談してください。

給与に関して派遣先は何も対応できません。

契約が満了すると、再びSTEP2からの流れとなります。契約更新があるかどうかは求人次第で、当初は短期契約でも活躍が認められて長期契約になるというケースも珍しくありません。また、介護派遣を辞めたいときは、とくに何かの手続きが必要ということはありません。派遣会社に個人情報を残しておきたいかどうかだけの話なので、今後にその派遣会社を利用しないのであれば登録解除の希望を担当者に伝えればOKです。

まとめ

介護派遣は時給1,200円から1,700円の高時給な相場となっており、手取りの給与は正社員の介護士と大きな格差はありません。

  • 時給は1,200円から1,700円
  • 一般派遣と紹介予定派遣は時給の差がない
  • 職種はヘルパー介護職が多く、管理職等はほとんどない
  • 施設形態は正社員求人と変わらない
  • ボーナスや手当、福利厚生や社会保険などは、正社員のほうが有利

当然ながら、他職業と同じで安定を求めるなら正社員一択で、ボーナスや福利厚生などを重視するかたも同様です。

介護派遣は正社員求人に比べて職種が少ないことがネックですが、その他は手取りの給与や施設形態などに差がないことから、自由な働き方をしたいかたは十分に派遣を利用する理由やメリットを見つけられるでしょう。

介護の派遣基礎知識
【この記事を閉じる前に!】介護職で「いい転職」するなら登録しておきたい転職サイト
かいご畑
かいご畑

全雇用形態・無資格者までサポート

特に、介護未経験・派遣で介護職をしたい方にもオススメしたいくらい手厚い「働きながら無料で資格がとれるサポート」「週払い対応」といったサービスは魅力的です。

マイナビ介護職
マイナビ介護職

人材関連のビジネス展開を40年続けている、人材業界の老舗最大手による手厚いサポートが期待できます。

首都圏や関西圏、岐阜・静岡・愛知を中心に多くの好条件求人を取り扱っています。

ジョブメドレー介護
ジョブメドレー

全国対応で求人掲載数No.1(※)、地方エリアでの転職でもサポート◎。(※ジョブメドレー調べ)

ご利用者満足度96%、事業所からスカウトも届くおもしろいサービスです。

アドバイザーをフォローする
介護士りくるーと

コメント

タイトルとURLをコピーしました